遺品整理

2021年04月03日

遺品整理は業者に任せよう!その理由とは

100dc_l

親族などが無くなり、突如しなければならなくなる遺産整理。何の知識もなく行おうとすると、その難しさに頭を悩ませることになるでしょう。ここでは、遺品整理を実施するなかで業者に依頼することの重要性を中心に解説していきます。

遺品整理はとても大変!業者に頼ることも検討しよう

遺品整理とは故人の遺品を選別し、残すもの、処分するものを決める作業です。現金や銀行の通帳などの貴重品は遺族の誰かが継続するケースがほとんどでしょう。

アルバムや写真など思い出の品に関しても、手元に残す人が多いと想定されますが、難しいのはテレビ、タンス、食器棚などの生活用品です。
これらに関しては、引き取って使用する、処分する、業者に任せる、買い取り業者に売却するなどさまざまな方法が考えられます。

自分達で処理するのが一番費用を抑えられますが、遺品整理は考えなくてはならないこと、やるべきことがたくさんあるのでとても大変です。
処分するものが多い場合、自分達だけでやるとなると時間と手間が膨大にかかるでしょう。トラックなどを用意する必要があるかもしれませんので、なかなか個人でやるのは厳しい面があります。

亡くなった人の遺品を仕分ける作業は心の整理に繋がることもありますが、気持ちの整理がつかない場合は辛い気持ちがよみがえってしまうこともあるでしょう。遺品整理を行う際に肉体的にも、精神的にも負担がかかってくるようであれば業者を利用するのもひとつの手段です。

遺品整理の業者ってどんなものがあるの?主な3タイプをご紹介

遺品整理の業者には以下のような種類があります。

・遺品整理の専門業者

遺品整理のプロです。遺品の分別だけでなく、特殊清掃なども併せて請け負ってもらえます。遺品整理を手早く、スムーズに行いたいのであれば、ここに任せるとよいでしょう。
ただし、業者によっては杜撰な作業を行うところもいくつか存在するようです。依頼する前に、その業者の評判を実績や口コミなどで調査しておきましょう。
また、中古品の価値に対する知識はあまり持っていない可能性があるので、高価売却が可能な遺品を処分されることもあり得ます。

・不用品回収業者

遺品整理の際に発生する大量のゴミを有料で引き取ってもらうことができます。不要品処分のエキスパートなので遺品整理の際にも大きな力を発揮します。
業者によっては回収したものをリユースにまわして有効活用しているとこもありますので、それらの業者を選べば比較的安い料金で作業をしてもらうことが可能です。
ただし、買い取りの際に必要な古物商許可を持っていない場合があるので、その場合は回収だけで買い取りをしてもらうことはできません。

・中古品買取業者

買取業者は中古品に対する目利きのプロです。ほかの業者だと二束三文の査定額しか出せないものでも、その価値をしっかり見抜き、高額査定してくれる場合があります。
今はヤフーオークションなどを使用して、一般の人でも自分の好きな価格でものを売ることができますが、適切な価値がわからなければ思うようにはいかないものです。
実績の豊富な中古品買取業者を選ぶことで、自分の納得できる価格で遺品を買い取ってもらうことができるでしょう。

信頼できる遺品整理業者と二人三脚で遺品整理を進めよう

遺品整理を行う際、家族や親せきを無くした影響で心が疲弊しきっている人もたくさんいます。遺品整理を業者に依頼する場合は「どの程度親身になって話を聞いてもらえるか」が重要なポイントになります。遺族の気持ちを考慮し、どのような相談でも快く受けてくれる業者を見極めるようにしましょう。

遺品整理の専門業者、不用品回収業者、中古品買取業者、それぞれが異なるメリットを持っています。どれかひとつに絞るのではなく、遺品整理の専門業者が回収した家具や家電を中古品買取業者に査定してもらう方法もありますので検討してみてください。遺品整理を自分達だけで行おうとするのではなく、信頼できる業者と協力しながら作業することをおすすめします。