電動工具

2021年03月06日

どうやって処分するのがおすすめ?電動工具の賢い処分方法

978cd7c3267f9136c968f1708cb321db_s

これまでプロの大工などが使用するイメージが強かった電動工具は、日曜大工やDIYの人気から一般の家庭にも普及しています。

ただ、一般家庭ではそれほど頻繁に使用する機会がなく、置き場所に困ることからも処分を考えている人もいるでしょう。

しかし、電動工具はどのように処分すればいいのでしょうか。

せっかくなので少しでも安く賢く処分したいですよね。

そこで今回は電動工具を賢く処分する方法を紹介します。

電動工具をゴミとして処分する方法

電動工具をゴミとして処分する場合は、その種類や大きさによって燃えないゴミ(危険ゴミ)、粗大ごみに分けられます。

分別方法は自治体によって異なり、処分に費用がかかる場合もありますので、該当する市区町村の役所に確認する必要があります。
ただ、電動工具をゴミとして処分する際には回収する人がケガをする危険性もあるため、のこぎりなどの刃がついているものは、刃の部分が隠れるように古いタオルなどで何重にも包んでからビニール袋に入れましょう。

袋にはわかりやすく赤いマジックで「ハモノ危険」と大きく書いておくことも大切です。

また、電動ドリルなどのとがったパーツのあるものは、先端を覆うようにガムテープで包み、ビニール袋に入れて捨てます。

それ以外の工具も、けがの危険がないように工夫しましょう。
また、電動工具には小型の充電式電池が付属されているタイプもみられます。

ニカド電池やニッケル水素電池、リチウムイオン電池、小型シール鉛畜電池がそれに当たり、リサイクルマークが付けられています。

本体を処分する際には取り外し、所定の場所のリサイクルボックスに持ち込みましょう。

そのほかの処分方法

電気工具には大型のタイプもあり、自治体の粗大ゴミとしての廃棄の必要がある場合があります。

しかし粗大ゴミの回収は年に数回程度であるため、引っ越しなどですぐに捨てたい場合には、別の方法を検討しましょう。
その他の電気工具を処分する方法としては

・不用品回収業者で処分する
・リサイクルショップに売却
・オークションで売却

が、考えられます。

不用になったものを引き取ってくれる不用品回収業者では、電気工具の買取も可能です。

業者によって異なりますが、電話やメール、FAXなどで問い合わせれば簡単に見積もりが行えます。

ホームページから見積もりが依頼できる場合もあり、見積りが無料の業者も多くみられます。
しかし、自分では使わないけれどまだ使えるものである場合には、リサイクルショップに売却も可能です。

機能性が高く、人気のモデルであれば買取してくれるケースも多いでしょう。
また、オークションで売却するという方法もあります。

オークションでは機能性が重視されるため、見た目に傷がついていても十分な機能を持っている場合は売却が可能です。

オークションでは、製品の状態が分かるようにさまざまな角度から写真を撮り、ケースや取扱説明書といった付属品がある場合にはそれらの写真も載せておくのがいいでしょう。
しかしながらオークションは全てを自分で行う必要があるため手間がかかります。

さらに個人間でのやり取りであることから、落札者とのトラブルも多くみられています。

売却するならリサイクルショップがベスト

面倒な作業もトラブルもなくスムーズに売却したいと考えるのであれば、やはりリサイクルショップに売却するのがベストでしょう。

リサイクルショップでは製造年月日が新しいものや、未使用で箱やケースが未開封のもの、状態が良く使い込んだ感じのないものであれば高値での買取が可能です。

さらに高性能で人気のモデルであれば高値での取引が期待できるでしょう。

また、付属品のケースやバッテリー、コードといったものがあれば、高値が付きやすくなりますので一緒に売却するのがおすすめです。

取扱説明書や保証書も、手元にある場合には必ず一緒に持ち込みましょう。
買取店にもよりますが一般的に人気があるのは、他目的に使用できる電気工具です。

ピットを交換するだけでさまざまな作業に対応できる電動ドリルドライバーやハンマードリルも高値で買取られています。

使い方が特殊で専門的なものより、日曜大工やガーデニングで使用できるものの方が需要が高いため、買取をしてもらえる可能性があがります。

賢い売却は、信頼できる業者選びから!

電動工具の処分の方法はさまざまですが、時間もお金もかけることなく処分をするならリサイクルショップでの買取がおすすめです。

しかし、リサイクルショップは、店ごとに買取を強化している商品が異なりますので、商品に合った業者を選びが大切です。

ただ、どの業者がいいのかわからないと考える人も多いでしょう。

そこでおすすめのリサイクルショップはEnjoy Reuse(エンジョイ リユース)のサイトです。

ここでは買取店一覧が商品ごとにランキング化されていますので、商品に合った信頼できる買取店が見つかります。