お酒

2021年03月11日

お酒を売るなら、おすすめの買取店3つ!

2570f40db898719809926e63eae9de48_l

「昔買ったけれども結局飲まなかった」「お酒を自分では飲まないのに人から貰う機会が多い」というお酒にまつわる悩みを抱えている方は少なくありません。お酒というのは年月が経って熟成されるほど味が深まり、価値も高くなっていくものが多いのです。
そんな自宅に眠っているお酒がお金になるのなら、お酒以上に美味しいとは思いませんか?

お酒を売る方法

お酒を売る方法で主流になってきているのは「宅配買取」「出張買取」の2種類です。それぞれの買取方法を紹介します。

宅配買取はお店のホームページで申し込みをした後に、段ボール等に売りたいお酒を梱包して宅配便でお店に送るという方法です。メリットは宅配業者が梱包されたお酒を集荷しに来てくれるので基本的に外出せずに完結できることで、デメリットは宅配買取の申込が多い場合は査定までに時間がかかるため、換金までが長いということです。

出張買取はお店のスタッフが直接自宅に買取に来てくれるという方法です。メリットはスタッフが自宅で直接査定してくれるため、すぐに換金することができることで、デメリットは知らない人と直接会うことになるため、査定結果に納得できない場合断りにくいということが挙げられます。

損をしないために!高いお酒の見分け方

お酒にもワインや焼酎など色々なものがありますが、種類によって売るタイミングを変えた方が高く売れることがあるのです。お酒の種類別に高く売るコツをご紹介します。

ワインは年月が経つにつれて味が変化するという特徴があり、ベストな飲み頃が存在するので早めに売った方が高価買取されやすいです。

ウィスキーは種類がによって価値が大きく異なっているため査定が難しくなっています。しかし、すでに製造を終了している終売品は基本的に高額で買い取られることが多いです。

ブランデーは長期間熟成しても味が変わらないという特徴があるため古いものでも高額買取されやすくなっています。

焼酎は年月が経っていても味が変わりにくいのですが、保存状態によって風味に変化が出やすいので、早めに売った方が高額買取を期待できます。

日本酒は米からできているお酒なので、品質変化や腐食が起こりやすいため新鮮でなければ買取を断られる場合もあるので注意が必要です。

それでは、このコツを踏まえたうえでお酒の買取を実施しているお店で特に評判の良い3つを紹介します。

ウルトラバイヤー

ウルトラバイヤーはお酒だけでなく着物、家電、ブランド品など様々な商品の買取を行っている、非常に多様性のあるお店です。お酒専門のお店じゃなくても大丈夫なのかという疑問を抱く方もいるかもしれませんが、豊富な知識を持った専門スタッフが査定するので専門のお店でなくとも安心できます。

さらに、海外では日本製のお酒が年々人気になっている傾向があり、海外ルートに強いウルトラバイヤーでは日本製のお酒が特に高額で売れやすくなっています。
焼酎、終売品のウィスキーやブランデーなどがある方はウルトラバイヤーで買取を依頼してみてはいかがでしょうか?

http://ultra-b.jp/index/

スピード買取.JP

スピード買取.JPは店名にもなっている、買取の速さが売りのお店です。ホームページ上での査定が早くて10分で終了し、地域によっては査定終了から1時間で出張買取に来てくれることもあるようです。

ワインや日本酒など買取価格が変動しやすく、風味も比較的落ちやすいようなお酒を売りたい場合にはスピード買取.JPがいいかもしれません。

https://www.speed-kaitori.jp/

買取プレミアム

買取プレミアムは売るお酒の状態が綺麗であれば、他のお店よりも高額買取されやすくなっています。買取スタッフ対応が丁寧というのも特徴です。
しかし、あくまで綺麗な状態のお酒に限ったことなので、パッケージが購入時と比較して特に劣化していないようであれば、買取プレミアムでお酒の買取を依頼してみてはいかがでしょうか?

https://kaitori-premium.jp/

少しでもお酒を高額買取されるために

紹介した3つのお店はどれもスタッフの対応が丁寧で買取価格が高いという評価をされており、信頼してお酒の買取を依頼することができます。
幅広い種類のお酒を売りたいのであればウルトラバイヤーを、査定を急ぎたいのであればスピード買取.JPを、状態の良いお酒が多いのであれば買取プレミアムをというようにそれぞれの状況に応じて信頼できるお店で売ることが大切です。

もしも、家に飲まないお酒が眠っているのであれば、幅広い分野で高額買取を行っているお店を選んで買取を依頼してみてはいかがでしょうか?