携帯・スマホ

2021年03月07日

不要な携帯・スマホを高値で買取してもらうためのポイント5つ

7a77538bc9e874840aca7192a8bf9e7d_s

携帯・スマホを新機種に交換したあとに、旧機種を家においたまま放置している方はいませんか。旧機種は型が古くなる前に売ってしまうことをおすすめします。

買取している店舗は数多くありますが、店舗に持ち込む前に確認、実践しておきたいポイントがあるので紹介します。

携帯・スマホを早く売る、simロックは解除しておく

携帯・スマホは買い替えのペースが早く、人気のiPhoneは毎年同時期に新作が発表されています。iPhoneなら2年前に購入した機種はすでに2世代も前の旧機種となってしまうのです。つまり、買い替えて不要となった携帯・スマホは少しでも早く売ってしまうのが得策です。

違ったメーカーの新しい携帯・スマホに変えると、今までと操作感が違って使いにくかったと後悔することもあるでしょう。発売間もない携帯・スマホは買取額も高めなので、使いにくいスマホを使い続けるよりも他機種へと交換して早めに売るのも手です。

また、キャリアで購入したスマホはsimロックを解除しておけば、ほかのキャリアの回線も使えるようになるので買取額が高まります。

携帯・スマホの購入時の付属品はすべて残しておく

中古携帯・スマホを高値で買取してもらうためには、購入時の付属品をそろえておくことも重要です。携帯・スマホ専用の電源のように起動にかかわる付属品の有無は特に重要ですが、購入時の箱や説明書も買取額に影響が出ます。中古の携帯・スマホを購入するユーザーは、付属品の充実度から状態の良さを見極めているのです。

中古品の購入者は、できるだけ新品に近い状態の携帯・スマホを欲しいという願望があります。付属品をなくさずにそろえているということは、旧ユーザーは几帳面な性格で大切に使用していたという見方をすることもできるでしょう。

買取額の一覧表に掲載されている価格は、一般的に携帯・スマホの状態が良いだけでなく、付属品がすべて付いている状態を指します。逆に付属品の欠品は減額対象として見なされるので注意しましょう。

買取額を引き上げる携帯・スマホの掃除方法

手持ちの携帯・スマホは見た目以上に汚れていますので、できるだけ掃除してから買取してもらいましょう。

携帯・スマホの掃除は買取後に業者がしてくれますが、業者の清掃にかかる時間・コストが少なくなるほど、買取額として還元されるのです。簡単なところでは、クリーニングクロスで拭けば皮脂汚れは簡単に落とすことができますし、表面やディスプレイを傷つけることはありません。

また、端子部分、カードスロットにもホコリが溜まりがちなので、先端を細くした綿棒を隙間に差し込んだり、届かない場所はブロアーで風を送ったりして追い出してください。無理な掃除は故障の元となりますから、できる範囲で構いません。アルコール系の除菌クリーナーは、ディスプレイのコーティングを消してしまったり、パーツが変色したりするおそれがありますので注意しましょう。

携帯・スマホのデータを初期化しておこう

携帯・スマホは個人情報の塊なので、買取を申し込む際にはデータは確実に初期化しておきましょう。

iPhoneの場合は設定アイコンから一般、リセット、すべてのコンテンツと設定を消去を選び、最後に「iPhoneを消去」をタップすれば完了です。Androidスマホの場合、端末ごとに操作が異なりますが、一般的に設定、端末管理からバックアップとリセット、データの初期化を選択します。

しかし、この作業だけでは多くのファイルは目に見えなくなっただけでデータは完全に消えていません。データ初期化の前に設定、セキュリティから端末の暗号化を実行して、ファイルを読めないようにしましょう。容量にもよりますが、暗号化には1時間以上かかることもあるので、バッテリーは十分に充電しておく必要があります。

街のリサイクル店より携帯・スマホ専門の出張買取業者に依頼する

買取をしてもらう店舗の選択も大切です。雑多な商品を扱う街のリサイクル店は、在庫を抱えながら店舗で売り続けるので安く買い叩かれる傾向があります。携帯・スマホの買取専門店に売るほうが高価買取を見込めますが、近くに店舗がない方もいるでしょう。

そこでおすすめしたいのが出張買取です。サイトや電話一本で自宅まで査定士が出向いて携帯・スマホの買取額を提示してくれます。出張買取のエリア外なら宅配買取で携帯・スマホを輸送する手もあります。ほとんどのサイトでは査定やキャンセルに料金がかかりません。交通費をかけずに売りたいものを売る。便利でお得な出張買取をぜひ利用してみてください。